派遣で働く場合も要チェック!持っている便利な介護士の資格とは?

Look For Work

派遣でも介護士の資格を確認する~介護福祉士などの資格を徹底解説~

介護士の資格について知る

介護関連の仕事で働く場合、資格は取得していた方がいいのかなど色々と気になりますよね。最近では高齢化社会が進んで介護業界は多くの人数を要していることから、未経験で資格が無い人でも就職することは可能です。ただ、資格が無くても働けると言っても、介護に関する資格についてある程度把握しておくと良いでしょう。それは、派遣など正社員以外の雇用に関しても同様です。

資格の有り無しで発生する介護士の違い

介護の資格を持っている場合

資格を持っていると介護に関する全ての仕事をこなすことが出来ます。食事や入浴、排泄まで生活のあらゆる面で介護・サポートしていくでしょう。

介護の資格を持っていない場合

資格を持っていない場合、仕事内容に制限が発生してしまいます。無資格だと、本格的な身体介護というより掃除や歩行のお手伝いなどちょっとした介護を担当するでしょう。

派遣で働く場合も要チェック!持っている便利な介護士の資格とは?

複数の人

介護福祉士

介護士の資格を持っていることで、活躍の場が広がるのは間違いありません。その介護士の資格として有名なのが、介護業界で唯一の国家資格である「介護福祉士」となっているでしょう。派遣として働く場合でもこの資格を求められる場合が多いです。この資格を取得すると介護の専門的な知識やスキルを持っていると認められます。

女性たち

介護職人初任者研修

以前まではホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、2013年に「介護職人初任者研修」と名称が変わりました。介護に関する最低限の知識や技術、スキルを身に付ける資格と言えます。介護未経験者はまずこの資格を取得するのがおすすめでしょう。

車いす

介護職人実務者研修

上記の介護職人初任者研修よりも実務的な知識と技術を身に付けているのが「介護職人実務者研修」の資格となっています。介護に関してより専門的なスキルを手に入れて仕事に活かせることが出来ますよ。

手

ケアマネジャー

正式名称は介護支援専門員となっていますが、現在では「ケアマネジャー」と言われることが多いです。この資格は他と異なって介護業務を直接行なうことはなく、介護を必要としている人をサポートしていくのが目的となっています。

介護業界で働いている先輩たちの声

女性たち

未経験で入りました(30代 男性)

最初は、未経験で介護士として働きました。分からないことが多くはじめは失敗することも多かったですが、今では問題なく仕事を出来ています。介護業界は働きながら資格も取れるので、未経験でもやる気があれば挑戦してみるといいですよ!

スキルアップができる(20代 女性)

学校で介護福祉士の資格を取って、そのまま老人ホームに就職しました。介護について色々と勉強していたので、実際の仕事は大変ながらもちゃんとこなすことが出来ましたね。介護は奥深いので、今の現状に満足せずにこれからも知識とスキルを身に付けたいと思っています。

広告募集中